これまでの活動

<これまでの活動>

 3年生は三田祭での研究発表、4年生は卒業論文の作成を中心に研究を行います。
 このほか、首都圏の近現代史に関わる史跡をめぐり、調査する活動も続けています。

○三田祭発表

・2018年度「福沢諭吉と明治150年」
・2017年度「福沢諭吉と明六社の人々」
・2016年度「福沢諭吉と友人達」
・2015年度「福沢諭吉と明治のジャーナリスト」
・2012年度「世紀転換期の日本政治思想-福沢諭吉が最後にみたもの」
・2011年度「福沢諭吉と論敵たち」
・2010年度「福沢諭吉と適塾門下生」
・2009年度「時事新報記者列伝」
・2008年度「慶應義塾出身貴族院議員列伝」

○卒業論文タイトル(2012年度卒業生)

・「城山三郎の鼠にみる金子直吉像」
・「早慶戦の黄金期から低迷期にかけた歴史と今後の展望」
・「佐田介石と『明治建白書集成』にみる天文学説」
・「孝明天皇の死をめぐって-幕末の天皇・公家・幕府の関係」
・「与党事前審査制度と今後の政策決定システムのあり方について」
・「後藤新平と震災復興-医療・救護支援を中心に」
・「大本営の歴史と戦時下における政府と軍部の関わりについて」
・「瀬島龍三とシベリア抑留の密約」